« 改善の兆しくらい見えた? | トップページ | →652→663→675→680円 »

2009年9月 1日 (火)

裁く方・裁かれる方も悲惨

◆MBニュース

<裁判員制度>「違憲」、被告弁護人が裁判官審理申し立て

 強盗致傷罪で8月5日に東京地裁に起訴された被告の弁護人を務める川村理弁護士は1日、裁判員制度は憲法違反として、裁判員裁判で審理しないよう地裁に申し立てたことを明らかにした。申し立ては8月18日付。5月に始まった裁判員制度を巡り、違憲を主張する裁判手続きが明らかになったのは初めて。

 起訴されたのは無職、林登志雄被告(43)。起訴状によると、5月15日、東京都港区で乗車していたタクシーの運転手の顔をナイフで刺すなどして重傷を負わせ、タクシーを奪い料金5万円余の支払いを免れたとされる。

 申立書によると、制度が予定する連日開廷は被告・弁護側に十分な公判準備をさせず、適正手続きを保障した憲法31条に違反すると指摘。被告の責任能力が争点になるとして、「国民には容易に判断しがたい分野」と主張し、裁判官3人だけによる審理を求めた。

 裁判員法には、裁判員の生命、身体や財産に危害が及ぶ恐れがある場合以外、裁判員裁判から除外する規定はない。毎日新聞9月1日13時4分配信

 だれが言いだしっぺかはしりませんが(小泉構造改革の時期を同じにして進められていましたので)、国民・司法関係者の半数以上がやりたくなく、裁判員経験者のほとんどが二度と関わりたくない制度だと徐々に明らかになってきていますので、早い時期に廃止の世論が起こりそうです。

●ポスター

裁判員制度

Sbisはじまりました、新しい裁判。

裁判員制度

裁判員制度ウェブサイト

http://www.saibanin.courts.go.jp/

他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

(モデル:上戸彩さん)

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 改善の兆しくらい見えた? | トップページ | →652→663→675→680円 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁く方・裁かれる方も悲惨:

« 改善の兆しくらい見えた? | トップページ | →652→663→675→680円 »