« 全国に多数のさかいのりこさん | トップページ | 長い選挙戦やっと中盤戦 »

2009年8月10日 (月)

労働者は保護される

◆MBニュース

殺人事件の遺体目撃でPTSDに…労災認定

 山口県周南市の徳山工業高等専門学校で2006年8月、5年の女子学生(当時20歳)が殺害された事件で、発生後に遺体を目撃するなどした女性教職員2人が、事件がきっかけで心的外傷後ストレス障害(PTSD)になったとして、徳山労働基準監督署に労災を申請し、認定を受けていたことが分かった。

 事件は06年8月28日、同校の研究室で女子学生が殺害されているのが見つかった。同県警は、同級の男子学生(同19歳)が、ひもで首を絞めるなどして殺害したとみて行方を追っていたところ、男子学生は10日後の9月7日、同県下松市内の山中で自殺しているのが見つかった。県警は同年10月、男子学生を殺人、強姦(ごうかん)致死容疑で容疑者死亡のまま山口地検に書類送検し、同地検は不起訴処分にした。

 同校によると、労災認定を受けたのは40歳代の女性教員と20歳代の女性職員で、いずれも研究室で遺体を目撃した。事件直後から体調を崩してPTSDと診断され、06年に労災申請したという。読売新聞8月8日12時43分配信

 職場で殺人事件が起こることを予想することは困難でしょうから、事業主には”全く責任が無く”ても事業場内で業務中に起こった災害は労災といて従業員は補償されるという顕著な例のようです。

 まずは労災に加入している(手続を行っている)ことが事業主(自らをも守る)の最低の責任です。

●ポスター

労働保険徴収法改正

Rhz 厳しくなっています!
労災保険未加入のペナルティ!
労災保険給付の全額徴収
労災保険未加入の事業主に対する費用徴収制度が強化されています。
事業主が労災保険の加入手続きを怠っていた期間中に労災事故が発生した場合、遡って保険料を徴収する他に、労災保険から給付を受けた金額の100%又は40%を事業主から徴収することになっています。

他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

(モデル:東原亜希さん)

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 全国に多数のさかいのりこさん | トップページ | 長い選挙戦やっと中盤戦 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働者は保護される:

« 全国に多数のさかいのりこさん | トップページ | 長い選挙戦やっと中盤戦 »