« いるいる | トップページ | 赤字覚悟での入札だと・・・ »

2009年7月 2日 (木)

皆年金誤差の範囲?

◆MBニュース

年金受給資格のある無年金高齢者が3万人 社保庁調査

 年金記録問題で、社会保険庁が25年の加入期間を満たしていない無年金の高齢者をサンプル調査した結果、対象者の2%が、実際には受給資格があるのに、その事実を知らなかったことが1日、分かった。社保事務所での年金相談で未統合記録を見つけられなかったり、思い込みで相談に行っていないことなどが原因だ。

 無年金の高齢者は全国に約73万人と推計されており(平成19年4月現在)、今回の調査で回答が得られなかったケースを含めると、年金受給資格のある無年金高齢者は、約3万人に上る可能性もある。

 調査は今年4月1日年金受給資格に当たる25年の加入期間を満たしていない62歳以上の1628人を対象に実施。このうち32人が受給資格を満たしていた。専業主婦が多いほか、保険料納付などの年金記録がありながら、基礎年金番号の記録と統合できなかったため、無年金になっているケースが21人あった。

 受給資格を満たすことを知らなかった理由については「年金が出ないと思い込んで相談に行かなかった」と回答した人が11人いたが、社保事務所などで「受給資格を満たさない」と説明された人も4人いた。産経新聞7月1日21時16分配信

 増改築・補修を繰り返すうちに複雑怪奇な制度となってしまっており、いまさらシンプルにも出来ないようですので、まずは実体から知ることが大切のようです。

●ポスター

全国鉱山保安週間 7月1日~7日

09zkhs 安全第一

毎日の作業の総点検を


 他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« いるいる | トップページ | 赤字覚悟での入札だと・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆年金誤差の範囲?:

« いるいる | トップページ | 赤字覚悟での入札だと・・・ »