« 同一職種同一賃金へ | トップページ | 皆年金誤差の範囲? »

2009年7月 1日 (水)

いるいる

◆MBニュース

「お前いらない」佐川急便係長自殺 「パワハラ」労災申請へ

 佐川急便新潟店(新潟市)の男性係長(42)が自殺したのは上司によるパワーハラスメントが原因だったとして、遺族が週内にも新潟労働基準監督署に労災認定を申請することが分かった。同店の従業員約200人のうち、130人が会社側に原因究明の嘆願書を提出、115人がパワハラの実態を証言する文書を遺族に寄せている。

 男性係長は平成9年7月に入社。19年9月に係長に昇任。朝6時前に出社し、夜は10時半に帰宅、休日も働く激務が続いた。今年3月から課長代理によるパワハラが始まったという。

 証言書によると、課の朝礼で課長代理から「数字を上げられないお前は係長でも何でもねえ」「仕事をしていないんだから給料を返せ」とののしられ続けた。構内放送で名前を呼び捨てにされ、出席簿から名前が消された。4月には「お前なんかいらないから行ってこい」と新人研修に2回も参加させられた。

 男性は5月18日未明、妻の携帯電話に「仕事をこんな形でしか解決できなかった。今までありがとう。本当に幸せだった」とメール送信。同日早朝、新潟市内で飛び降り自殺した。自殺原因について課長代理は職場で「多額の借金があった」「夫婦仲が悪かった」などと説明したという。


 佐川急便広報部は「ご家族の気持ちを第一に考え、慎重に話し合っていきたい」としている。産経新聞6月30日7時56分配信

 労災として認定されるかどうかは別として、どこの事業所にでもいそうな”課長代理”のようですので、次にニュースとなって配信されない(会社名が出ない)よう労務管理体制のチェックは怠れません。

●ポスター
全国安全週間 7月1日~7日
準備期間 6月1日~30日
09cza1 
定着させよう 「安全文化」 つみ取ろう職場の危険
全国安全週間を契機に、各事業場において、全員が一丸となってリスクの低減に向けた取組を行い、職場の安全水準の一層の向上に努めましょう。

(モデル:戸田 恵梨香 さん)

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 同一職種同一賃金へ | トップページ | 皆年金誤差の範囲? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いるいる:

« 同一職種同一賃金へ | トップページ | 皆年金誤差の範囲? »