« 2009多々良流通夏まつり | トップページ | リーマン=労働者、他失業者? »

2009年7月12日 (日)

21年博多祇園山笠追い山ならし

P7110008 今日(7月12日)は博多祇園山笠の追い山ならしの日ということで、午後2時頃に家族で博多の町に車で出かけました。祭りの中心部は交通規制などもあり混雑しそうなので、少し離れた石城町の駐車場(1時間100円)に止め、那の津通りを渡り大博町に入るとちょうど大博町の衆(恵比須流れ)の一団が櫛田神社に向かって出発するところでした。山はすでにスタート地点へ出ているようです。

P7110010_2 P7110011 中呉服町・上呉服町(東流れ)を抜け御供所町に入ると「聖福寺」がありますので見学しました。広い寺の敷地内は祭りの前の静けさ(普段から静かですが)で、外国人観光客などが古い博多の雰囲気を楽しんでいる様子でした。

P7110013 P7110015 さらに進んで国体道路を渡ると承天寺があります。

承天寺は山笠発祥の地とのことで、寺の前に清道旗が設けられており住職が見守る前で山が清道を回ります。スタートまで30分くらいありましたが真近で山の迫力のある走り(回転)が見れそうですので今日はここで見学することにしました。

P7110019 P7110029 P7110037 P7110043 15:59分のスタート後ほどなく今年の一番山「東流」から順に、二番山「中洲流」、三番山「西流」、四番山「千代流」と勇壮な武者の人形を乗せた山が大勢のかき手とともに駆け回っていきました。各山が通る前には山の代表の方が清道前の住職に丁寧に挨拶の口上を述べて行かれるのでいかにも伝統の祭りといった雰囲気も味わえました。

P7110050 P7110055 P7110060 四番山まで見た後、最後に走る「走る飾り山」を見ようと(ここでは見れませんので)場所を祇園町の交差点あたりに移すために移動しました。

ちょうど山の間隔があいていたようで(後でニュースで知りましたが千代流れが櫛田神社入りしたときに事故があり20分ほど中断していたようです)到着すると続いて五番山「恵比須流」、六番山「土居流」、七番山「大黒流」が前を駆け抜けて行きました。

P7110084 P7110096

そして最後に走る飾り山「上川端通」が動いたり止まったりを繰り返しながら(コースが違うので他の山の走行のじゃまにならないよう時間調整?)大博通りを進みましたので後を付いて行くようにして本日の追い山ならしの見学を終了しました。

P7110100 P7110102 P7110104 駐車場に戻る道筋、先ほど走っていた山がすでに戻ってきており、明日13日(15:30~)の集団山見せ、そして15日早朝(4:59~)のクライマックス追い山に向け静かに休息を取っているようにも見えました。

福岡市の最新情報は・・・ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ もご参考にされて下さい

Suppliered Link

 福岡のイベント情報  http://homepage3.nifty.com/f1koubou/

 お子さんをどこに連れて行こうかと迷われていませんか?
 福岡を”遊ぶ&学ぶ”お父さん、お母さんを応援しています

|

« 2009多々良流通夏まつり | トップページ | リーマン=労働者、他失業者? »

イベント(もろもろ)見学・案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171728/30524417

この記事へのトラックバック一覧です: 21年博多祇園山笠追い山ならし:

« 2009多々良流通夏まつり | トップページ | リーマン=労働者、他失業者? »