« 全国にごまんといそうです | トップページ | 組合員一人当たりいくら? »

2009年7月10日 (金)

使用者・労働者どちらの自由?

◆MBニュース

時間外割増賃金支払いを ヤマト運輸に労基署が是正勧告

 宅配大手のヤマト運輸(東京都)が運転手にサービス残業をさせていたとして、大津、徳島の両労働基準監督署から割り増し賃金を支払うよう是正勧告を受けていたことが9日、分かった。調査を申し立てた運転手によると、同社は運転手に対して、週平均40時間の範囲で労働時間を自由に組むことができる制度を採用。労働時間が多い日の残業時間を少ない日に割り振ることで、残業代を少なく見積もっていたという。

 ヤマト運輸広報課は「是正勧告を受けたことは事実だが、個別の内容については答えられない」としている。産経新聞7月9日22時4分配信

 具体的にどのような両者(労使)の合意がなされていたのかはわかりませんが、訴えを起こされると労働者側に有利に扱われる傾向が強まっていますので、基本に添った取り扱いをベースにした労務管理が後々のトラブル防止につながるようです。

●ポスター
労働保険の年度更新 6月1日~7月10日
09rhnk  働く人を思う気持ちは変わらずに。

●更新時期は変わりましたが労働保険料等の算定方法は変わりません。(4月1日から翌年3月31日までに支払う賃金総額に保険料率を乗じて得た額となります)。
●従業員の方の雇用保険加入手続きは、別途、管轄の公共職業安定所(ハローワーク)への届出が必要です。

他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 全国にごまんといそうです | トップページ | 組合員一人当たりいくら? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使用者・労働者どちらの自由?:

« 全国にごまんといそうです | トップページ | 組合員一人当たりいくら? »