« 波に乗れ!! | トップページ | 事情は多種多様のようで »

2009年6月18日 (木)

味にうるさい人が多かった

◆MBニュース

「炭鉱」から「観光」へ 飯塚グルメ掘り起こせ 交付金活用、市が予算200万円

 「炭鉱」から「観光」への産業転換を図る福岡県飯塚市が、観光地には欠かせない“ご当地グルメ”の開発に乗り出す。地元の飲食店主たちの知恵を借り、飯塚ならではのアイデア料理を編み出して、観光都市としての魅力アップを図りたい考えだ。開会中の6月定例市議会に、開発費や広告費などを盛り込んだ関連予算案(200万円)を追加提案する。

 国内有数の産出量を誇った筑豊炭田は地域に繁栄をもたらしたが、その閉山は各自治体に打撃を与えた。そんな中、2007年に一般公開を始めた炭鉱王・伊藤伝右衛門の旧邸(同市幸袋)は観光客の人気を集め、炭鉱労働者やその家族が足を運んだ芝居小屋の嘉穂劇場(同市飯塚)も見学客でにぎわっている。

 ところが、観光の途中に楽しめる名物料理がないのが悩みの種。そこで、同市で食品会社を経営する斉藤守史市長の肝いりで、飯塚を代表する新料理の開発に乗り出すことにした。

 これまでの市役所内での協議では、石炭で熱する「石炭鍋」や、坑道内の土砂などを積み上げたぼた山にちなんだ「ぼた山カレー」などのアイデアが出ている。財源は、国の本年度補正予算に盛り込まれた地域活性化・経済危機対策臨時交付金を活用。地元の飲食店主たちに呼び掛けて知恵を出してもらう。

 博多や久留米のラーメン、柳川のうなぎ、田川のホルモン…。「既に定着した各地の料理に匹敵するものを目指したい」と同市。目標とする秋の行楽シーズンまでに、飯塚名物の誕生なるか‐。西日本新聞6月17日15時7分配信

 全国区となった有名菓子メーカー3社(銘菓ひよ子のひよこ本舗吉野堂、すくのかめのさかえ屋、千鳥饅頭・チロリアンの千鳥屋)の発祥の地ですので"甘みの都市"としてイメージ戦略を行い、スイーツをメインにして女性や若者を引きつけては?

 ちなみに私は公設市場横の永楽ぜんざいが好きです。

●ポスター
全国安全週間 7月1日~7日
準備期間 6月1日~30日
09kz1
定着させよう 「安全文化」 つみ取ろう職場の危険
全国安全週間を契機に、各事業場において、全員が一丸となってリスクの低減に向けた取組を行い、職場の安全水準の一層の向上に努めましょう。

(モデル:水野 美紀 さん)

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« 波に乗れ!! | トップページ | 事情は多種多様のようで »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 味にうるさい人が多かった:

« 波に乗れ!! | トップページ | 事情は多種多様のようで »