« まだ終息していませんでした | トップページ | 数年ぶりのビックチャンス »

2009年6月 9日 (火)

仕事にも心にも余裕を

◆MBニュース

「心の病」で労災、昨年度は269人…20~40代が8割

 職場でのストレスが原因でうつ病などの精神疾患になったとして、2008年度に労災認定を受けた人が269人に上ることが8日、厚生労働省のまとめで分かった。

 過去最多だった07年度よりも1人多く、最多を更新した。このうち、過労自殺(未遂も含む)は66人。07年度より15人減ったが、依然高い水準となっている。同省では、長時間労働や成果主義導入などに加え、不況で企業間競争が激化し、過度の緊張感を強いられて「心の病」を患う人が増えているとみている。

 精神疾患で労災認定を受けた人の年代別で最も多いのは30歳代の74人。20歳代70人、40歳代69人と続き、20~40歳代で全体の約8割を占めた。職種別では、システムエンジニアや医師などの「専門的・技術的職業」が69人と最多で、工場で働く労働者など「生産工程・労務作業者」51人、「事務」45人などとなっている。

 精神疾患を理由とした労災申請者数は927人(前年度比25人減)だった。

 一方、過労が原因だとして労災認定されたのは377人で、前年度に比べ15人の減。過労死は前年度比16人増の158人で、02年度の160人に次いで多かった。申請者数は889人(前年度比42人減)。

 08年度に労災認定された377人のうち、長時間労働が主因とされたのは361人。同省では1か月の時間外労働が80時間以上のケースを「過労死ライン」として認定基準にしているが、100時間以上が207人に上り、160時間以上も24人いた。同省では、企業への指導や監督を強化していく方針。読売新聞6月8日23時56分配信

 多いような少ないような数ですが、”申請”及び”認定”された人数ですので、実際はこの数倍の(疾患発症者)人数になると思われます。

●ポスター

有休で、じぶん補給

Kyu  ついつい働きすぎてしまうあなたに必要な充電休暇

 仕事と生活、どちらも大切にするため遠慮せずに取ってください。

ひとつ「働き方」を変えてみよう!

カエル!ジャパン

 他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

 (モデル:相武 紗季 さん)

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« まだ終息していませんでした | トップページ | 数年ぶりのビックチャンス »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事にも心にも余裕を:

« まだ終息していませんでした | トップページ | 数年ぶりのビックチャンス »