« どちらが公平、不公平 | トップページ | 仕事にも心にも余裕を »

2009年6月 8日 (月)

まだ終息していませんでした

◆MBニュース

新型インフル 感染新たに11人確認 小学校含め休校3校 「校区内で封じ込め」 福岡市長緊急会見 発熱外来を増設

 新型インフルエンザの感染が新たに11人確認された福岡市は7日、発熱外来の増設や休校の決定などの対策をとった。全国的に「終息ムード」が漂う中での感染拡大の動きに、市役所で緊急記者会見を開いた吉田宏市長は「もう一度(市民に)注意喚起し、封じ込めに最大限の努力をする」と力を込めた。

 市内での感染者はすべて博多区の板付中学校区内の小中学生。吉田市長は、市内全域にまん延している可能性や感染ルートについての質問に、戸惑いの表情を浮かべながら「今は分からない」「調査を進める」と繰り返した。

 市は同校区で封じ込め、感染拡大を防ぐ構えで、市幹部は「市内どこで発生してもおかしくないという状況になれば、次のステップに入る」と語気を強めた。

 市は既に休校中の板付中に加え、同中学校区内にある板付小と板付北小の14日までの休校を決定。感染が確認されていない板付北小での休校は「予防的措置」という。

 感染の疑いがある「疑似症患者」も含めて感染者の入院を受け入れている市立こども病院・感染症センター(中央区)は7日に24床がほぼ満床となったため、市民病院(博多区)で個室病床を中心に患者を受け入れることを決めた。今後、1フロア全体を専用とするよう調整する。市はまた、市内の2医療機関に発熱外来の設置を要請。うち1施設は7日に開設し、感染者の入院も受け入れることにした。

 新型インフルエンザは症状が出てから7日間程度は感染する可能性があるため、市は感染の疑いがある人はまず、発熱相談センターに電話相談するよう呼び掛けている。西日本新聞6月8日7時8分配信

 会社、家庭共に早急な対策及び引き続き注意が必要なようです。

●ポスター
労働保険の年度更新 6月1日~7月10日
09rhnk  働く人を思う気持ちは変わらずに。

●更新時期は変わりましたが労働保険料等の算定方法は変わりません。(4月1日から翌年3月31日までに支払う賃金総額に保険料率を乗じて得た額となります)。
●従業員の方の雇用保険加入手続きは、別途、管轄の公共職業安定所(ハローワーク)への届出が必要です。

他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

ブログランキング参加中 にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ クリックで応援よろしく!

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・ご相談無料

|

« どちらが公平、不公平 | トップページ | 仕事にも心にも余裕を »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだ終息していませんでした:

« どちらが公平、不公平 | トップページ | 仕事にも心にも余裕を »