« 職場の分煙が加速 | トップページ | 売っぱらってはダメ! »

2006年10月27日 (金)

差別化の時代

◆MBニュース

<箸の持ち方>来春入試の検査項目に 長崎・佐世保の女子高

 長崎県佐世保市の久田学園佐世保女子高校(久田校長)は、来春の入試で「箸(はし)の持ち方」を検査項目に取り入れることを決めた。生活習慣や、食べることに対する最低限のマナーが身についているかを見ることが狙い。合否判定に一定程度反映させる。内閣府食育推進室は「そういう出題例は聞いたことがない」と話している。
 来春募集する新1年生は普通科の40人。一般入試と推薦入試を実施するが、一般入試は「数学、国語、総合問題」、推薦入試は「面接、作文」に加えていずれも「箸の持ち方」を設けた。試験時間は3分程度。箸で豆をつまんで移動させるなどさせ、「持ち方が適切か」「スムーズに使いこなせているか」を試験官がチェックする。毎日新聞 10月26日3時6分更

 少子化が進み、生徒確保が難しくなっている教育機関の苦肉を逆手に取ったユニークな企画で、学校発表の導入目的よりこのようにニュースになったことで目的の半分以上は達成できているのではないかと思われます。
 少子化の波は企業にも押し寄せていますが、同じように人は入れたいが(少なくとも人間的)質は落としたくない思いは共通にあると思います。
 その点では、性格や適正を分析する手法が多数開発されていますので面接と合わせて採用選考時に導入する企業が増えているようです。
 現在、インターネットからの応募を採用する企業が大手から中堅へと拡大していますが、やはり基本は履歴書(紙)です。内容云々より箸の使い方ではないですが、文字(筆の使い方)にその人の性格や特徴がを見てとれると思います。
 採用時の手続、採用(選考)者の提出書類には基本的に履歴書は入っていると思いますが一文「本人自筆」を入れておきましょう(募集要項の記載時にも)。
 キーボード操作能力の有無を見るより数倍役立つと思います。
●ポスター

納税促進

As07 あたりまえのことが、

いちばん大切だから。
笑顔を育てる、

日本を支える、納税。

他詳しくはWEB啓発ポスター資料館で

(モデル:大塚寧々さん)

Suppliered Link

 労務管理はプロにお任せ homepage3.nifty.com/f1koubou/

就業規則の整備で労使間のトラブルを事前に回避!
福岡の中小企業を応援しています・・・

|

« 職場の分煙が加速 | トップページ | 売っぱらってはダメ! »

労働問題・ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171728/3969229

この記事へのトラックバック一覧です: 差別化の時代:

« 職場の分煙が加速 | トップページ | 売っぱらってはダメ! »